2016年02月10日

星から星へ、象が玉乗りしている

寝ても覚めてもルンバが好きなので、本当に毎日が幸せです。昨日は練習しすぎて、右腕がわずかに重いです。ですので、今日はギターを触るのを我慢しています。ルンバがスピーカーから流れていて、目の前にギターがあるのに、触れないというのは、まるでウズウズするので、練習という言い方も、実は何か違うような気もします。だから、これからは、練習のことを、模索とか開拓と呼ぶことにします。つまり、僕の中にルンバが生きている限りは、安心なのです。

image2.JPG

近頃はネイティブ←(この呼び方も嫌い)のようにリズムを感じてみたくて、毎朝ルンバを聴きながら歩いています。同じようにウォーキングしている人とすれ違いますが、「あいつ、なんか変な歩き方しとるなぁ?」
と思われていると感じますが、そんなことはどうでもよくて、ただ、もしかすると傍迷惑かも知れないけれど、まぁいいか。

ところで、人は、その人に似合った器量というものを、持ち合わせて生まれてくるような気がします。僕の場合は、僕が本当に望んでいるほどの器を持ち合わせてないので、少し残念です。もしも、僕の器に水を汲めるとすれば、きっと砂漠で2日、命を繋げるので精一杯かもしれません(^^;)
しかも、諦めが悪いので、最後までもがき、そして足掻くと思います。ということで、運命は器量で計ることはできません(笑)

けれども、そんな僕でも、ルンバを聴きながら歩くことは出来ます。僕の歩行がルンバのリズムに乗って、バルセロナまで、本当に辿り着くことができれば、その道は自然とさまざま人達に拓かれると思います。その道を往来する人達にまみれて、僕はルンバをしていたい。ロックやブルース、さまざまなジャンルのリズムが、その道を自由に行き来している、そんな世界が夢で、その夢の中で、僕はルンバと歩いていられれば幸せで、それで僕の人生がルンバに満たされれば、往生しまっせ。



今日は久々に詩でも書いて寝ようと、さっき書けました。自慢ですけど、これでも一応、作詩で賞状をもらったことがあります。イェイ! しかし、作詞は苦手で、僕にはオリジナルソングというのが、2曲しかありません(^^;)おやすみなさい zzz.. よい明日をお迎えください。


星から星へ
象が玉乗りしている

ばちゃばちゃばちゃばちゃ ばちゃばちゃばちゃばちゃ
ばちゃばちゃばちゃばちゃ きゃりーぱみゅぱみゅ

あこがれの先生と、デイトとした
深い深い空の奥で
言葉を越えて暗合した
僕は机にヨダレを垂れながら
チチチ‥と小鳥も歌う、木漏れ日に

ひらけてのひら春のよに
いみもないよな言葉たち
咲かせた花のものがたり
じべたの下で血のような
ぬくもりだけが感覚だ

ばちゃばちゃばちゃばちゃ ばちゃばちゃばちゃばちゃ
ばちゃばちゃばちゃばちゃ きゃりーぱみゅぱみゅ

言葉はいらない
真冬の小径で、はらりこぼれおちました
伝えるためでなく、呼ぶためでなく
もう、言葉はいらない
私が私に問いかけるわけでなく
私を疑うわけでなく
なす術もなく
真冬の小径で
はらりとこぼれおちました
私達はあの大通りで
お別れするというのに

人生は比喩です
大きすぎるので
近頃女のオッパイは
サッパリわかんない
何を言ってるのか!

目にも見えない
耳にも聞こえない
ふと美しいときにだけ
思うことを許された
そんな大きなもの
海に形はありますか?
寄せては引いて
ただそれだけで

ばちゃばちゃばちゃばちゃ ばちゃばちゃばちゃばちゃ
ばちゃばちゃばちゃばちゃ きゃりーぱみゅぱみゅ

image1.JPG

posted by aki at 23:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。