2015年12月30日

思い出は生きています(Recuerdos vivo.)

とても、長い文章ですが、読者のみなさんも、喜ぶように、本当にあった夢の話を、心を込めて、です。

僕の日本でのライブ活動の積み上げが、いつか、日本のルンバとして認識されるかもしれませんし、そうでないかもしれません。

僕は何よりも、ルンバが好きなのです。

僕は今年、スペインのカタルーニャ地方にあるバルセロナに渡航しましたが、渡航するそれまでは、フランスのルンバ、とくにジプシーキングスのルンバを模倣していました。しかし、渡航する前、この渡航のきっかけになったのは、バルセロナオリンピックの閉会式でルンバを演奏していたメンバーの方が、カタルーニャのルンバ(ルンバ・カタラーナ)を、なんと日本語で演奏しておられて、僕はその動画と、たまたまYoutubeで出会ったのです。(バルセロナオリンピックのことは、渡航後に日本に帰ってから知りました。)
(元気な死人)El muerto de vibo de japones.
https://www.youtube.com/watch?v=7IUsE647OeI
http://www.rumbatarumba.com/

僕は居ても立っても居られなくなり、その人達に、フェイスブックでコンタクトを試みました。すると、友人になることが出来ました。次は、その友人に会いたくて、僕のバルセロナに行きたいという欲求は高まり、そして本当に、バルセロナに渡航することができました。(これが生まれてはじめての海外です。)

そして、バルセロナに着いたものの、右も左も分からず、言葉はMe gusta la rumba. (私はルンバが好きです)この言葉しか知らない状態でしたが、彼らは、僕のフェイスブックを見て、僕がバルセロナに着ていることを知ってくれて、そして、フェイスブックにコメントをくれたのです。「こんにちわ、義明、君はルンバを観たいのかい?」と・・・。僕は持参してきた辞書で、この言葉を翻訳して、観たい(Si!)と返信しました。すると、彼らは僕が泊まっていたホテルの場所を調べてくれて、なんと、ホテルまで迎えに来てくれたのです。
https://puchichiquito.wordpress.com/

そして待ち合わせの当日、泊まっていたホテルの一階のバルで待っていると、彼らは本当に来てくれたのです。そのときの感動は、今でも言葉になりません。そして、そのバルで、一緒にエストレージャ(星)というビールを飲んで、その後、車に乗せてもらって、連れていってもらった場所は、Rumbeta という名前の、ルンバ専門のルンバショーの為のライブハウスでした。
http://www.larumbeta.com/

そして、お店の中はお客さんでいっぱいで、僕はその中で、本場のルンバ・カタラーナを目の前に、大興奮だったのですが、なんと、突然、ステージに呼び出せれるのです。そして、彼らと一緒にステージに上がって、先に紹介した(元気な死人)El muerto de vibo de japones を歌わせてもらったのです。
http://comoestanuki.com/movie.htm

そして、このお店のオーナーから、頂いた言葉、「君に日本に家があるように、ここを、自分の家と思ってください。」忘れられません。しかし、まだ、夢は続きます。この後、カタルーニャのバル、日本で例えるなら、京都人の集まるバーに連れて行ってもらい、ここでも、(元気な死人)El muerto de vibo de japones をお客さんと合唱、お客さんのほとんどが、ギターを持っておられました。(それは、日本ではありえない光景で、また、僕が望んでいる光景でした。) ここで食べたカタラン寿司の味を忘れません。

話の時系列が前後しますが、このあと、メンバーの一人のラモンさんと、とことん地元のライブハウス!に連れて行ってもらいました。、なんとその翌々日、僕は一人で、そのお店にライブを観に行きました。(僕だけ、チョー浮いていました。でも、お客さんも店員さんも、みんな優しかった。)
https://gipsylou.wordpress.com/


まだまだ、夢は続きます。次の日、彼らは、ぜったい観光客は行かないだろう、そのような場所に連れて行ってくれました。そこのバルで食べた、ボカディージョ スペインのサンドイッチや、パタタ デ アリオリ(ポテトのアリオリソース)ときたら、最高に美味しかったです。そして、バルセロナの中心部で食べたそれよりも、すごいボリュームでした。
まだまだまだ、夢は続きます。最高の食事を終えた後、そのバルを出て、ビルに連れて行かれました。そして、扉を開けると、そこはスタジオでした。そして、彼らは持っていた楽器を出すと、演奏(ライブ)してくれたのです。(実は、それまで彼らが楽器を持っていることさえ、気づきませんでした。)ライブは1時間くらい、彼らは汗まみれで演奏してくれました。観客は僕一人です!!!

もう、ノリノリ×αです。

さて、ここからの話は、今の僕について、大きく触れることになります。
僕もギターを日本から持っていったのですが、一緒に弾くことができなかった。ならば!と思い、手拍子で参加しようとしても、参加できない。ベースのフェリックさんには、優しく怒られる始末。それはなぜか?リズムが合わないのです。弾き方も、僕が日本で覚えたそれと違うのです。でも、僕は、彼らの楽曲は日本で予習していましたし、また、こんな話を彼らとしました。

「日本に、ルンバ・カタラーナを知っている人はいるかい?」
僕は、「フラメンコは日本にもあるけれど、ルンバ・カタラーナは、あまり知られていないよ。」
「君は日本人なのに積極的だね?」
僕は、「(合っていない手拍子)でも叩かないより、叩いた方がいいし、それは心の問題だと思う。」
「ははは、君は日本人じゃないよ。」

こんな、啖呵を切ってしまったのです。実際、一緒に演奏できなかったことは、すごくショックだったし、本当に良い意味で、悔しかった。
そして、次は必ず彼らのルンバを覚えて、一緒に演奏したい、と、そう思いました。
だから僕は、ルンバ・カタラーナが好きなのです。そして、この曲(元気な死人)El muerto de vibo de japones を覚えることが、彼らへの恩返しだとも思っています。

僕は、日本では、お金を貰ってルンバを演奏することを、仕事にしています。それはそれで、これは僕のルンバだし、僕の魂です。しかし、プロは、本当は練習している姿を見せてはいけないのです。けれども、僕は違います。遠く離れたバルセロナのルンバを、思い出とYoutubeなどを先生にして、日本で毎日コツコツ勉強して実践することは、僕のルンバの生き方の証しであり、その成長をみなさんに動画で観てもらうことは、僕の日常会話です。僕は、会話術として、スペイン語を覚えるより、ルンバのリズムを選びました。その理由は、ルンバは僕だけのものではない、ルンバで、この喜びを一緒に共有できる友達を、常に募集しているからです。

そして、真意は、僕のライブは、お客さんも、僕と同じ演奏者であるということ、そして、日本でも、ブルースやジャズのように、ルンバを演奏したいと興味を持つ人が増えて、大衆化したら好いなと願っているということです。だから僕は、毎日どこかでルンバを演奏しますし、惜しみなく、動画をアップします。海外の人から観れば、「なんだこのルンバは?」というように思うだろう、ライブ動画もアップします。なぜなら、僕はルンバが好きだからです。そして、この夢(好き)の為に、僕はルンバを追及します。そして、このような僕の奇跡が、いつか未来の ルンバ・ハポネッサ(日本のルンバ)のお役に立てると信じていますので。

実際、ルンバは、日本の生活にある音楽のリズムとは、まったく違う、とっつきにくいジャンルの音楽です。でも、あきらめずに、夢を追い続け、それを振り返ると、いつかこれが日本のルンバになって定着していれば本望です。みなさんもご覧になっていると思いますが、フェイスブックの、スペイン語のコメントのやりとりも、本当に通じているかどうかわかりませんが、僕だけのものではないと思っています。これも、ライブと同じで、みんなのものです。ですので、これからも、一緒に夢を見てください。

長文、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。年末特集号みたいになりました。
そして、バルセロナへの渡航に協力していただいた方々へ、大きな感謝に代えて、この記事をおくります。

お世話になったルンバタルンバのみなさんと。
12227644_1690845507826621_7833436777177057341_n.jpg

Sushi de catalan. カタラン・寿司
11146566_1629295640648275_701069443894840317_n.jpg

Peluquería de Dave San.理容師のデイブさん
10418911_1626441107600395_8619239760090391543_n.jpg

posted by aki at 08:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

すばらしい日

今年は、もうライブがないと思って、ちょー気楽に練習していると、今まで出来なかった弾き方とか、リズムの取り方とか、湯水のように湧いてきます。それを理解できたり出来なかったり、自分の中で正解が、点いたり消えたり明滅するのですが、今年いっぱいは、もうその正解の灯りを掴まえておく必要もありません。その感覚があまりにも楽しいので、実は今日、親にお食事ご一緒にと誘ってもらったのですが、断ってしまいまして、(親不孝者ですんません!)ずーっと1日中ギターを弾いていました。自分で言うのもなんですが、あなたも好きねー状態です。練習曲はとうぜん、日本とバルセロナを繋ぐ曲、元気な死人(しんちゃんの曲)なのですが、参考のために、いつものように色んなルンバの動画を観ても、気持ちに焦りがないので、なるほどー、なるほどー、うわーっすっげー!みたいな感動がいっぱいで、貸し切りの博物館で、ひとりで展示物と一緒にギターを弾いている状態です。

とりあえず今年のテーマは、慣れない!(NO!惰性)だったのですが、今日、この気楽さを味わって思うことは、どうも僕は慣れないでいることに慣れていたみたいです。愛読書の三木清の本に、「瞑想はつねに不意の客である。私はそれを招くのでなく、また招くこともできない。しかしそれの來るときにはあらゆるものにも拘らず來るのである。「これから瞑想しよう」などといふことはおよそ愚にも附かぬことだ。」というのがありまして、瞑想中に瞑想を実感できることなんてないということを言っているのですが、同じように、さぁ、慣れないようにしようとして、それを習慣にして実感しようとしたところで、既に慣れてしまってるわけで、夜空に浮かぶ月は歩いていると、あたりまえのように頭の上をついてきますが、実はそのあたりまえのような月も、一生に一度しかない月なのだ思えば、習慣的な歩行が、惰性に変わることもないということを忘れていました。

そういえば、最近は山に行ってませんでした。自然や、廻る四季も、すべて習慣なのですが、山に四季を感じるとき、その出会いはいつも偶然です。同じ格好の草木はありません。未来はドキュメントではなく、フィクションです。そして過ぎ去った過去にだって、いつでも訂正を加えることも可能でしょう。逃がした魚は、常にでデッカイままが好ましい、

「君、いつも同じ仕掛けやね?」
「海の中はいつも違いますよ。」
「それで釣れます?」
「いやー、釣れません。」
「それでいいの?」
「釣れたら、魚はあなたにあげます。」
「一緒に焼いて食べましょう。」
posted by aki at 05:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

明日は今年のライブ納めです

明日はSesamoでルンバを演奏しています。
クリスマスの次の日の土曜日です。
食後のデザートのようなイメージ、良い夜になります。お待ちしています。
Meson de Sesamo
12/26(Sat)
Open 18:00 Start 21:00 22:00 23:00
Charge¥700
京都府京都市中京区河原町三条上ル一筋目東入ル北側 
エビス会館B1 http://sesamo.okoshi-yasu.net/
075-251-0858

12.gif
posted by aki at 19:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルンバ・ハポネッサ


(谷間の湧き水が、いずれ海に流れ込むように、人生を振り返れば、川幅は広くなっていきます。)

日本人の僕が、海外のルンバを模倣したその奇跡(過去)は、
すべて ルンバ・ハポネサ(日本のルンバ)になります。

ですので、僕は常に海外のルンバを追い続け、研究と練習をする必要があります。
ルンバの喜びを一人でも多くの日本人に伝えることが、僕に与えられた仕事です。
そのためには、どうするべきか、その指標は来年の元旦に言葉になります。

明日は今年のライブ納めです、これからも、コモエスタヌキをよろしくお願いします。
ありがとうございます。

mini_140812_1210.jpg
posted by aki at 19:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

ルンバカタラーナの入り口

Libro de texto de la rumba Catalana para japonés.Muchas. Gracias!

http://calarumbanipona.blogspot.jp/search/label/%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%83%90%E8%AC%9B%E5%BA%A7?updated-max=2010-05-04T12:58:00-07:00&max-results=20&start=7&by-date=false


こちらのブログには、ルンバ・カタラーナがいったいどういうものなのか?
その歴史から、云われまで、動画とテキストで詳しく、そして、わかりやすく説明されています。ぜひ、ルンバ・カタラーナのことを、あなたも知っていただけることを、心から願います。とうぜん日本語ですが、ブログ内のページをめくるために、

Missatges més recents
新しい投稿
Missatges més antics
前の投稿

となっています。項目は下から1の順になっています。

この親切な教科書は、バルセロナ在住の日本人のひろこさんが作成されています。バルセロナでお会いしました。本当に親切でやさしくて、すてきな方でした。では、いってらっしゃいませ!Bon voyage!

IMG_3086.jpg
posted by aki at 15:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルンバ・カタラーナの右手の奏法(ベンティラドール)

Práctica de la Ventilador y ritmo.Difícil..,pero estoy feliz. Porque siempre paso a paso. 5月、バルセロナに行ったとき、バルセロナには、僕が今ま...

Posted by 松本 義明 on 2015年12月19日
posted by aki at 03:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

絶食でナイスなイメージ

絶食3日目に入りました。ダイエットではありません、あいかわらずポッチャリしてます。(実は今日、惣菜とお酒を、ちょこっと頂いてしまいました。)食事を減らすと、脳がよく回転して、いつもは考えつかないことが、ふと思いついたりします。想像のガソリンが切れたとき、実はときどきやってます。お水をよく飲んで、自分の体力と相談して、風邪をひかないようにめちゃくちゃ気を付けながら、よい心身の巡りを促します。自問自答するとき、回答のレスポンスが早くなる気がしてます。つまり、迷ってる暇、ありません

がんばります。いつもありがとうございます


6.jpg
posted by aki at 00:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

赤鼻のトナカイ Rodolfo el Reno con la pronunciación japonesa.

スペイン語の赤鼻のトナカイを、無理やりですけどカタカナにしました。( )の中は一気に発音すると、それっぽくなります。ぜひ、歌ってみてください。Rodolfo el Reno con la pronunciación japonesa. Rodolfo el Reno en japones se llaman AKAHANANOTONAKAI. Reno=Tonakai

アカハナノトナカイ
https://www.youtube.com/watch?v=bnwG9X9dPBw
エラッ ロ(ドゥルゥ)(フォウン)レノー ケテニアラァッナィリーズ
ロハッコモラーグラナー イデ(ブリィジョ)シングーァラールゥ
トドッスコンパニェーロォス セレリアンシンパァーラールゥ
イッヌエス(トゥルゥ)ブエナァーミーゴー ソロィトゥリィステセッケードー

ペーローナービーダッジェゴー サンタックァラゥスバッホー
イャーロードル(フォロ)エーッィリヒョ ポルゥスッシングゥラルナリィーズ
ティラァンドデルトゥリッネーオ (フェオ)ロォドルフォセンサッスィオーン
イッデス(デァ)(ケゥル)モゥーメントー トダブリャセアッカッボー

Japones Tú Canta!
https://www.youtube.com/watch?v=6FFslV2yGy0
Makkanaohhanano Tonakai San wa
Itsumo minnano waraimono
Demosonotoshino Kurisumasunohi
Santano ojisanwa iimashita

Kuraiyomichiwa pikapikano
Omaenohanaga yakunitatsunosa
Itsumonaiteta Tonakai san wa
Koyoikosowato yorokobimashita

スペイン語
Era Rodolfo un reno, que tenia la nariz
roja como la grana y de un brillo singular
todos sus companeros se reian sin parar
y nuestro buen amigo, solo y triste se quedo
Pero Navidad llego, Santa Claus bajo
y a Rodolfo lo eligio, por su singular nariz
tirando del trineo, fue Rodolfo sensación
y desde a quel momento toda burla se acabó



reno.gif
posted by aki at 03:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤鼻のトナカイ (Rodolfo el Reno) con letra

スペイン語の赤鼻のトナカイを、無理やりですけどカタカナにしました。( )の中は一気に発音すると、それっぽくなります。ぜひ、歌ってみてください。
Rodolfo el Reno con la pronunciación japonesa. Rodolfo el Reno en japones se llaman AKAHANANOTONAKAI. Reno=Tonakai

https://www.youtube.com/watch?v=bnwG9X9dPBw
エラッ ロ(ドゥルゥ)(フォウン)レノー ケテニアラァッナィリーズ
ロハッコモラーグラナーイデ(ブリィジョ)シングーァラールゥ
トドッスコンパニェーロォス セレリアンシンパァーラールゥ
イッヌエストゥルゥブエナァーミーゴー ソロィトゥリィステセッケードー

ペーローナービーダッジェゴー サンタックァラゥスバッホー
イャーロードル(フォロ)エーッィリヒョ ポルゥスッシングゥラルナリィーズ
ティラァンドデルトゥリッネーオ (フェオ)ロォドルフォセンサッスィオーン
イッデス(デァ)(ケゥル)モゥーメントー トダブリャセアッカッボー

Japones Tú Cantas!
https://www.youtube.com/watch?v=6FFslV2yGy0
Makkanaohhanano Tonakai San wa
Itsumo minnano waraimono
Demosonotoshino Kurisumasunohi
Santano ojisanwa iimashita

Kuraiyomichiwa pikapikano
Omaenohanaga yakunitatsunosa
Itsumonaiteta Tonakai san wa
Koyoikosowato yorokobimashita

スペイン語
Era Rodolfo un reno, que tenia la nariz
roja como la grana y de un brillo singular
todos sus companeros se reian sin parar
y nuestro buen amigo, solo y triste se quedo
Pero Navidad llego, Santa Claus bajo
y a Rodolfo lo eligio, por su singular nariz
tirando del trineo, fue Rodolfo sensación
y desde a quel momento toda burla se acabó



reno.gif
posted by aki at 03:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

京のはんなりソネット1 -百夜通い伝説によせて-


小町の羽織

はねずの梅は、盛りを迎えました
雪代に浮かべた、花の面影のように、
紅をさした頬は袖を濡らしています
うつつを歌に詠んだとしても、
いずれは散ってしまうのでしょう

はねずの梅は、人目を憚ることもなく、
花冷えに夜を燈しています
撓めた指先に数えた榧(カヤ)の実を、
慕わしく思う気持ちが、老いることはないでしょう

深草少将、小野の庵まで百夜通い(ももよがよい)
待ち侘びて、一夜を祓う白(つくも)髪、
なり染めて、反す衣は九十九(つづら)織り

化粧井戸から、夢が抜け出しました
あなたのせなかに、羽織をかけに



umenohana002.jpg

参考資料 http://www.京都通.jp/Life/LegendMomoKayoi.html
posted by aki at 16:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。