2015年07月30日

Yの社長

まだ僕が三重県の松阪市に住んでいて、バーを営っていた頃の話である。あまりにも暇なので、店の前でギターを弾いて歌っていたことがある。今でもその腕前は下手糞なのだけど、まだ音楽をはじめて1年くらいのときで、その下手さ加減といえば想像を絶するものだったと思う。しかし、自分に気がつかないというのはある意味すごいことであって、その日も大声で歌っていたら、外人を連れたおっちゃんが1万円くれたことがあった。そのおっちゃんがタイトルのY社長なのだけど、今でも5年に一回くらい電話がかかってくる。じつは今も電話がかかってきて、会社が潰れそうだとか言っていた。そう言えば前回もそのような同じことを言っていたような気がする。そんな感じで電話をもらうのは今回で5回目くらいである。しまいには電話越しに歌えというから、さすがにそれは断っている。それでも、嫌な気がしないのである。5年に一度だからだろうか?

souzou1.jpg
posted by aki at 16:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

安保改正よりも憲法改正が本当の狙いです

安保改正よりも憲法改正が本当の狙いです。天皇が元首になるよ。

(現行憲法)
天皇は、日本国の象徴であり
日本国民統合の象徴であつて、
この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

(自民党改正案)
天皇は、日本国の元首であり、
日本国及び日本国民統合の象徴であって、
その地位は、主権の存する日本国民の総意に基づく。

天皇を元首と呼んでいたのは日本が大日本帝国の頃です。

次に憲法改正草案 第72条 (内閣総理大臣の職務)について。

(現行憲法)
内閣総理大臣は、内閣を代表して議案を国会に提出し、
一般国務及び外交関係について国会に報告し、
並びに行政各部を指揮監督する。

(自民党改憲案)
1
内閣総理大臣は、行政各部を指揮監督し、
その総合調整を行う。


内閣総理大臣は、内閣を代表して、議案を国会に提出し、
並びに一般国務及び外交関係について国会に報告する。


内閣総理大臣は、最高指揮官として、国防軍を統括する。


注目点は改正案1の総合調整です。行政人事をいじりまくれるという意味です。

■憲法改正草案 第98条 (緊急事態の宣言)

1
内閣総理大臣は、我が国に対する外部からの武力攻撃、
内乱等による社会秩序の混乱、地震等による大規模な
自然災害その他の法律で定める緊急事態において、特に
必要があると認めるときは、法律の定めるところにより、
閣議にかけて、緊急事態の宣言を発することができる。


緊急事態の宣言は、法律の定めるところにより、
事前又は事後に国会の承認を得なければならない。


内閣総理大臣は、前項の場合において不承認の議決が
あったとき、国会が緊急事態の宣言を解除すべき旨を議決
したとき、又は事態の推移により当該宣言を継続する必要
がないと認めるときは、法律の定めるところにより、閣議
にかけて、当該宣言を速やかに解除しなければならない。
また、百日を超えて緊急事態の宣言を
継続しようとするときは、百日を超えるごとに、
事前に国会の承認を得なければならない。


第二項及び前項後段の国会の承認については、
第六十条第二項の規定を準用する。
この場合において、同項中「三十日以内」とあるのは、
「五日以内」と読み替えるものとする。

これは、すごいですね。事実上国会の承認なしで国防軍が派遣できてしまいます。また、非常事態宣言の解釈ですが、国会が承認しなくても、内閣だけで不承認できます。

ところで、日本大好きロックフェラーですが、その力の基盤である軍やCIAがロスチャイルドに移行しているそうです。この移行が完了すれば、今はロックフェラー傘下の日本の検察 官僚 電通 マスコミも2〜3年後にはロスチャイルド系に移行するでしょう。今は大人しくしているロスチャイルド系の小沢さんが2〜3年後には復活してくる予感。どちらにしろ地球はこのふたつの国際金融資本家が回しているのだから、ならば安倍さんより小沢さんの方が舵取りうまいよね。僕は中国、韓国、日本の極東アジアは仲良くするべきだと思っているので、中国贔屓のロスチャイルドが日本の検察 官僚 電通 マスコミを抑えてくれた方が、今みたいに嫌韓とか嫌中みたいな、嫌いとか親しいとかというような程度の低い次元で世論が操作されなくなるような気がしてちょっと期待しています。

2000px-Great_coat_of_arms_of_Rothschild_family.svg.png

しかし奇怪な紋章だな。
posted by aki at 11:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

せいじのお勉強してみました2

昨夜は徹夜したので、昼ビールがとても美味しいです。国会では荒れ模様の中、安保法案が衆議院で可決されたらしく、まるで台風のようだなぁと思っています。新しくなった気象衛星ひまわりもいきなり大仕事ですね。

ところで、今ある主たる政党というのは、大戦後もともとあった政党を一度すべて解体し、GHQによって改めて再編成されたものです。それを思いながら、野党がプラカードやらを持って反対したり絶叫したりしているのを見ていても、みなさんお仲間が寄り集まって新喜劇をしているようにみえて仕方がないのは僕だけでしょうか?

僕は基本的に安保の改正は賛成なのです。ただ、今は改正をしても何の意味もありません。世界にとって悪いことばかりです。改正するためには、日本が国連に加盟している以上、まず国連憲章の敵国条項によって敵国指定されている日本を敵国から外してもらうことが肝要です。ぜんかいの日記でも言いましたが、敵国条項という国連の法律では、敵国指定されている国が軍事的行動或いは軍事的兆候をみせている或いはそのように隣国が判断した場合、隣国は敵国を攻撃しても良いですよというものです。日本の隣国と言えば、国交間では仲良しと胸を張っては言えない韓国や中国がそれに当たります。

つまり、敵国指定を正式にされていないままの安保改正は、国連憲章的に隣国が日本への軍事的介入を認めるということになります。そして国連憲章は日本国憲法よりも力があります。ですので、日本は国連でまず敵国指定を削除してもらい、常任理事国入りしてから安保を改正するべきです。

そして、日本は安全か?とかそういう小さな目線ではなく、どれだけ世界の人々が不条理な思いをして傷つかなくてすむのか?隣国の友人と仲たがいしなくてすむのか?という考えかたを理念にして、日本はそういう国だということを世界に発信して認められたのち、安保は改正すべきです。

ですので、敵国条項の敵国指定から日本を正式に削除してもらい、なんとしてでも常任理事国入りを果たすべきです。日本が常任理事国入りを果たすということは、常任理事国、つまり世界大戦の戦勝国の集まりが連合国であり常任理事国であるという概念を一掃できます。ちなみに日本は国連に対して米国の次につまり2番目にお金を投じていますよ。

僕は与野党のなかでこの敵国条項の話が持ち上がらず、議論されていないのが腑に落ちませんし、もしかすると、参議院で敵国条項の話題が持ち上がるかもしれません。ここからは僕の酷い妄想ですが、もしも敵国条項を削除してもらえないからといって、日本が国連を脱退してしまうのでは?と思います。日本の軍事力は凄い!なんて流言が飛び交ってますので、不安ですね。

top_banner.jpg
posted by aki at 16:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

せいじのお勉強してみました

新国立競技場の建築で世間はにぎやかですが、反対すればするほどお金がかかるような仕組みになってますので、どうしようもないのですが、その裏では着々と安保改正にむけて物事が運ばれていますね。こういう(まやかし)はパターン化されていて、いつも日本国民は最終的には「はいはい」と鵜呑みしているわけですが、今回は情勢が今までと違いますのでお勉強してみました。

国連憲章という法律がございます。この法律は我々の日本国憲法より力があります。だからこの国連憲章に基づいて日本国憲法も存在している「はず」なのですが、この「はず」をもっと異なるものにしようとしているのが、どうも「安保関連」の問題のようです。

日本は国連常任理事国に入れてくれー!と国連に米国に次ぐお金を投じていますが、まだ仲間に入れてもらえてません。まぁ、100歩譲りましょう。なぜならば常任理事国に入れてもらう為には、もうひとつの大きなステップがあるからです。そのステップが国連憲章によって定められている敵国条項です。

この敵国条項というのは、第二次世界大戦のあと敗戦国を敵国に指定して、この敵国指定されている国が、軍事的な兆候を見せた或いはそう見えただけで、隣国はふつうに攻撃していいですよという法律です。しかし今やこの法律も「旧敵国条項」などと呼ばれてあやふやになりつつあるのですが、その理由はイタリアやドイツなどの敗戦国は既に敵国指定から文章的にきっちりと削除されているからです。だからといって「新敵国条項」が新たに作られているわけではありません。なぜならば世界中で唯一いまだに敵国指定を正式に削除されていない敵国があるからです。それはいったいどこの国でしょう?ISIS?北朝鮮?シリア?違いますね、この国々は第二次世界大戦の敗戦国ではありません。ではいったい国連が認めている敵国はどこなのか?それは我が国「日本」です。大日本帝国は解体されても、日本はまだ国連からみれば敵国なのです。

とうぜん国連によって敵国指定されている日本が常任理事国に入れてもらえるわけがありません。常任理事国に入れてもらう前に先ず、日本を敵国から削除してもらうよう頼むのが筋なのですがおかしな話です。やはりこのままあやふやなままで置いておくよりきっちり日本も敵国条項からは削除してもらうべきだと思います。

最近はよくニュースなので、島や領土をめぐって隣国との関係の悪化が話題になっていますし、ましてネットなどでは隣国との関係をもっと悪化させるような、あの国の民度が低い・・などいう流言が飛び交っています。たしかに日本人からすれば「信じられない!?」というところはあるでしょうが、それは文化の違いですので容認すべきだと思います。尖閣や竹島などの領土問題については悔しいですけど国連の常任理事国のアメリカが作った今の日本国憲法の解釈の範囲で頑なに我慢強く死守するべきです。ですので集団的自衛権や安保の改正は必要ありません。今までどおり厳しい現状ではありますがそのような舵取りで隣国との関係を築いていかなければなりません。そうして嘘心でも今の法律に則って仲良くしておくことが肝要で、その嘘心の仲良くがいつのまにやら本当の仲良しになっていたというのが平和への道だと思います。

こいつのこと嫌いやわと思っても笑顔で接したり無視することできる我々の民族感覚は、海外ではいつも日本人は笑っているなどと言われたりもしますが、本当のことを言わないのも戦略のひとつだと僕は思います。日本はたいへん便利な国ですが平和ではありません。

トムとジェリー仲良く喧嘩しな♪ 

20090123-00000008-vari-ent-view-000.jpg








posted by aki at 19:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

作詞のこと

音楽をしていてやはり自前の歌詞はほしいものです。とくに近頃は「日本語のルンバ」を作ろうとしているので、ラテンのリズムの上をスキップしているような日本語がほしいと思って、電車の中やそういう間をみはからっては歌詞つくりというものに勤しんでいるのですがうまくいきません。言いたいことを積めばエレベストの頂上なんてへっちゃらなのですが、僕の場合はあたまのせんの回路がまちがって繋がってしまっているのか、ことばがトランプで例えるなら配られてそろえるまえの大富豪なのです。

それでもあえて手前でいうのもおかしなはなしですが、がんばって作った詞か詩かわからぬような得体のしれぬ言葉の羅列が45編ほど仕上がったのでここにご紹介いたします。幸あれ。



『りたんえーす』
おとぎばなしのなかで子どもらはテレビをみている
えんぴつがのこしたことばのうえで算数はじめる大人らよ
わたしのような赤ん坊がおるから君らはそこにおるのだ
腹のなかより生まれしものよ先輩のこえをきけ

おぎゃぁ


『たのむ』
そのときは冬の星空ならばなお喜ばしい。プラネタリウムの天井からわしを吊り下げ、それもすぐに断ち切れてしまうようなロープではいかん、しっかりとした健全なロープでないといかん。それでも切れてしもうてわしがすっ飛んでは格好がつかん。下にはさらに丈夫な素材で編んだネットを張りめぐらすようたのむ。こどもの自分から空中ブランコというものに憧れていた。うまくやって高台でみなに立ってもろうてわしがあの世からぶらさがってくるのを、この世のひとりひとりにうけ留めてもらうようたのむ。火葬場でやかれるときは、わしが発明した「緊急消火装置G」を棺おけの中に忍ばせておくよう、消火ボタンは左手の生命線の真中あたりに握らせておくようにたのむ。


『できしわるつ』
きんぎょのため息に
すいそうが曇っている
星のぢゃまをせぬように
みな寝てしまった
つきは霞にしんと沈み
わたしはガラス越しに口をすう
あわわわわ
ちっそくするまでおぼれませう
ぶくぶくぶく


『いんがない』
あがってくる足おとの後を息がおいかけ
鼓動に背をたたかれあがってくる
放たれた矢は的を得ぬままあかるいほうへ
瞑そうのさなか羽をひろげた蟻のように
僕はすでにまぶしいところを飛んでいるというのに
過去やみらいを撥ねのけ名まえだけおりていく
逝ってまなしの屍は西日と転寝をしているというのに
ゆめや希望をおし退け小包はおりていく
再配達のかみっきれ!呼鈴の音はいつもピンポーン


『うみ』
わーい、おれは海だ!


genimg.php.png
posted by aki at 06:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

こだわりすぎてアホになる

よく行く祇園のバーのマスターが好きだ。すごい人こそ気取らないとはこの人のことを言うのだなぁと思う。本当にステキな人で、もしも僕に恋人でもいたら必ず連れていくことだろう。

また、このマスターの後輩にあたるKさんも祇園でお店を営んでおられて、先輩の純血といものは受け継げるのかと思うくらい尊敬できる人である。そしてこれまた、そのKさんの嫁は僕の中学生のときからの同級生で、いまだに交流があるというから、もしかして似たもの同士が何かの縁でが集まってるのかもしれないと思うと嬉しいのである。

ある日、「投げ銭ライブというのを止めようとおもてますねん。」

とKさんに相談してみたところ、「それ、みんなに喜んでもらうためやろ?」と即答された。当たりどんどんである。無料だから喜ぶというのではなくて、僕は音楽という形の無いものを売っているのだから、それは額面に代えられないものであってほしいし、フリーチャージでお決まりのように僕から相場を請求するものではないと思う。

お金は気持ちの身代わりとすれば、僕はそういう心のこもったお金がほしいと思うし、それに似合う演奏をしたいと思う。だから僕はもっともっと練習するしそのように生きていく。あと、僕の恋人の「ルンバ」はヨーロッパに住んでいて遠距離恋愛である。はやく実を結んで、みなに祝福されたいものである。

ありがたいことに、いま僕の周りには、そういう感覚を持った人が多い。

IMG_2936.jpg

posted by aki at 17:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

さようなら、そして、ありがとうございます。

人が死ぬということは、どうしようもないことなのですが、自分の音楽の人生に関わってくれた人が、立て続けに亡くなると、死について寛容な考え方を持っているつもりの僕でも、かなりきてるのか?きていないのか?それさえ判らない心の状態になります。

人は一人で生まれ、一人で死んでいくので、死とは個人的な観念であると思うので、死んだ当人の本音や気持ちは察することさえできませんが、まだ生きている側のこの喪失感を「お悔やみ」という言葉に代えるのは、忍びないという気持ちです。

僕は、悲しいというか、いつもより体に力が入らない感覚なのですが、これも日数が経てばなんとかなるのが、人の常なのでしょう。故人のあの世の人生を称えるためにも、僕が死んだときには、周囲の人に「おつかれさま」と笑って言ってもらえるように、そういう生き方をしないといけないなぁと思います。

20年余り前のことです。松阪市のライブハウスで、僕が京都に帰るときギターで河内音頭を弾いて頂き、コモエスタヌキという名前を付けてくれました。もうひとつ「チンコ&ジプシーズ」という名前も考えて頂きましたが、「コモエスタヌキ」で今もやっています。そして6年前、あなたが京都に来られたとき、お礼を言ったのですが、あなたは「コモエスタヌキ」のことなど、すっかり忘れておられました。しかし今になって、あなたが亡くなったことを遠くで聞くと、それでよかったのだと思います。これからもがんばります。

posted by aki at 01:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

福島(HUKUSHIMA)

僕はよく虫のような人間だと言われます。考える前に飛びたいときに飛んでしまうからです。

用事を済まして家に帰ってきて、ネットをひらいて大きなショックを受けました。僕は除染の具体的な方法を知りませんでした。そもそも除染そのものが不可能であるということを知りませんでした。僕の心の中は、同じ日本に住んでいるのになんで知らないの?という気持ちで一杯で、とても情けなく恥ずかいという思いに破裂しそうになりました。

除染の方法が、汚染量の高い部分を削るとか、そこに小石をつめるとか、もしも僕がそこに住んでいれば、
そのような方法で何を納得できるでしょうか?子供がいない僕でも、僕自身この齢なのでも、きっと飼っているサワガニのことを酷く心配すると思います。

僕は、福島の現状が知りたいと思い、インターネットでいろいろと調べてみましたが、よく掴めませんでした。なぜなら僕は個人の本当の声が聞きたかったからです。そこで、まずは託児所に直接電話をしてみようと思い、その一覧から電話をかけてみました。

そして、同じ日本に住みながら除染のの方法を知らなかったこと、それについて恥ずかしく思ったことを述べてのち、僕にできることを尋ねてみました。本当の声が聴きたかったので、(たとえばティッシュが不足しているとか。)音楽のことには一切ふれていません。ですので僕にできることなんて麦チョコ一粒にも満たないのですが・・・。

しかし、このような不躾な電話の襲来にも、みなさん非常に丁寧に対応してくれました。そしてみなさんが言っておられたのは、震災から年月が経ちましたが、福島のことを覚えていてくれて、本当にありがとうと仰っていました。

最終的に楢葉町の役場に電話することになったのですが、ホームページと同じお答えでしたので、ぜひ興味のある方はこちらをご覧ください。役所の方も、震災から年月が経ちましたが、福島のことを覚えていてくれて、本当にありがとうと仰っていました。
http://www.town.naraha.lg.jp/

原発の問題は、福島県だけの問題ではないことを、改めて再認識しました。そして時間とお金があるとき、福島に行ってみようと思いました。 

10448233_1468332010077973_4019437568163129402_n.jpg

便利すぎて逢えなくなりました。
本当に愛しているのなら、少し不便な方がいい。

posted by aki at 18:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。