2014年10月26日

初詣

年末に向けて、演奏の仕事が増えてきました。

ほんまに、ありがとうございます。

でも、問題は、1月、2月、あと8月。

ここをミュージシャンとして、どう乗り越えて生きるか?

大きな課題。

だから今は、大きな目標と、それに向けて上るための階段を、作っている最中。

階段さえあれば、そこに向けて頑張れるから有難い。

でも、上るための階段がないというのは最悪です。

時々、そんなことを思いながら、鬱々と過ごす時間もありますが、

最近、気がついたことは、その階段は、

自分だけでは作れないということです。

大切なのは「縁」です。

どんな小さな縁でも、それを見逃さないようにしていれば、

次の目標へ向けて、上る為の階段が、

自然に、まるで風に吹かれて、砂丘ができあがるように、作られるような気持ちになってます。

自分が生きて、人も生かすライブする為には、自分も砂になったり、風になったり、

しないといけない。

だから、まだ、ふわっとですが、来年の初詣は、お礼と誓いをするしか方法ないです。
posted by aki at 07:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

憑りつかれる

この前、あるところで演奏したときのこと、お客さんに、「何かに憑りつかれてるみたいですね。」と言われました。この言葉は、僕としては、最高のお褒めの言葉なのであります。僕のジャンルは、ジプシールンバです。

よくフラメンコと混合されますが、ジプシールンバにも、フラメンコのエッセンスは入っていますが、両者は、発祥のスタート地点が違うジャンルの音楽です。しかし、ただ共通している点がひとつあります。

詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
https://www.facebook.com/notes/%E6%9D%BE%E6%9C%AC-%E7%BE%A9%E6%98%8E/%E3%82%B8%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%83%90%E3%81%AF%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%81%8B%E3%82%89%E6%B3%A2%E7%8A%B6%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F/1426515587592949

それは、良い悪いで、これらの音楽を選別しなければならないとき、そこには条件がありまして、それは、演奏に魔力「ドゥエンデ」があるか?ないか?なのです。この妖気のようなもの、ドゥエンデとは、まさに、

「宇宙の存在を感じさせてくれるような滋味溢れる、そして恐ろしい芸の魔力である。」

が、声やギターから発信されていなければ、いくら上手に演奏できたとしても、それは単なる、真似事にすぎないということになってしまうと言うわけです。

僕は、このドゥエンデに憑りつかれたいという気持ちで、20年間、ジプシールンバをやってきました。ドゥエンデとは、情熱とか、哀愁とか、そういう言葉では足りません。もっともっと滋味深いものです。

僕は、心から唄うという考え方に対しては、否定的な立場です。なぜなら、心ほど移ろいやすいものがありますしょうか?一曲、演奏している間に、僕の心は揺れています。定まらないのが心の健気さです。

では、心でなければ何から唄うの?ですね。

それは、最近やっと気がついたことなのですが、心ではなく、心臓を動かしている力です。たとえば、生きている人間のどこに、自分の心臓を止めたり、動かしたり、出来る人がいるでしょうか?

心臓を動かしている力とは、自然の力です。人の意思ではどうにもできない、あの自然です。この自然に感応してはじめて、良い悪い、そんなつまらないことに捉われず唄えるのです。

世の中には、すごいミュージシャンがたくさん居られます。でも、そのミュージシャンも、僕にはなれません。なぜなら、僕はこの世に一人しかいないからです。ですので、周りに捉われずに、そこだけを信じて、全とうして唄えば、僕はこの世で、僕にしか出来ない演奏ができるのです。

そうすれば、心臓を止めたり、動かしたりできる場所、人が生まれてきて死んでいく場所から、生命力を唄に変えて発信できます。

僕の演奏を聴いている人は、過去を掘り返してみてください。辛かったことや嬉しかったを、掘り返してみてください。そして、音楽のにのせて、その過去を、明日に生かしてください。それが、僕は20年間、言い続けている、「聴いた人が明日も1日元気でやれる。みんなで創るみんなのライブ」ということです。

しかし、音楽には、好き嫌いもあります。それでも、僕のような歌い手が唄う音楽で、あなたが心臓を止めたり、動かしたりできる場所、そういう大自然まで、僕と自然で感応することが出来れば、僕は幸いです。そういうときは、応援してください。僕はいつもあなたを応援しています。

ドゥエンデ「それは、宇宙の存在を感じさせてくれるような滋味溢れる、そして恐ろしい芸の魔力である。」
心の蓋さえ取れば、必ず、心臓を止めたり、動かしたりできる場所、生きながらにして、体感できるはずです。
posted by aki at 03:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

やるき



posted by aki at 17:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多国籍軍や!



posted by aki at 05:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月18日

治外法権40周年パーティー観てきた



posted by aki at 22:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Meson de Sesamo 10/25(sat)



posted by aki at 13:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月17日

透明感やで 10月19日(日曜日)



posted by aki at 14:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

FM845 出てきたで



posted by aki at 14:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

次の階段

こんな台風ゴーゴーの中、ライブを観にきてくれて、
本当にありがとうございました。

ありがたみが大きすぎて、ほろ苦いです。
でも、こんなこと言ってるようじゃダメなんです。

今は、次のステップに上がる為の階段を作るのに、四苦八苦。
大きな目標がある。ビジョンがある。
コモエスタヌキのライブはどこでやっても、満員や!
そうなりたい。

コモエスタヌキを、観てくれて、応援してくれるみんなに、
お礼の気持ちを返すには、これしか方法がないんですね。

10410240_466198000188531_6606965518868419251_n.jpg
posted by aki at 01:23| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

バリバリインドネシア 10月19日



posted by aki at 13:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。